--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/16

男女の生理的な違いからくる愛情の矛先の変化

うーん、なんか堅いタイトルになってしまいましたが
昨日、ちょっと聞いておもしろいなぁと思ったことがあったので、ブログに書いてみようかなと。

結婚前の男女っていうのは、男も女もいい子孫を残すために
ある程度、ハンター的な資質を発揮すると思うんです

いい女、いい男をGETしないと、いい子孫は残せませんからね。

男は数打ちゃ当たる方式で、まぁ、いろんな女性に目が行くわけなんですが
女性は子供を生むというのは、自分の身体を分け与えるに等しい行為ですから
やっぱり、いい男を選ぶというのは、本当に重要なことになってきます。

生理的な話ですが、SEXの際は、男は出すと自分の役目終了ですから
もう気分的にすごくだれてくるんですね。
対して、女性の方は、こっからがスタートですから
自分と子供を守ってくれるはずの男性に対して、SEX後にすごく目がいくんですね

男性はコトが終わった後も、女性を大事にするような時間がとても大切にする努力が必要ですし
女性は(たぶん)本能的に、大事にしてもらう
例えば、抱きしめあう等の行為、を欲するのだと思うのです

ココがずれて、まぁ、喧嘩というか愛情が冷めたりすることもあると思うんですが。

浮気は反対ですが、男としていろんな女性に目が行くのは生理的に当然な気がしますし
女性が、ある男に入れ込んだら、もう他が見えなくなったりするのも生理的な気がします。

さて、これは結婚前の男女の話。

書きたかったのは、結婚後の男女の話なのですが、子供ができた後の話です。

初めは二人でいるので、お互いの愛情がお互いに向いています。

しかし、子供が生まれると、自分の子孫を残すという観点から見ると
女性の愛情が自分の子供に注がれることになります。

対して男性の方は、自分の身を痛めておりませんので、相変わらず妻にも
変わらぬ愛情を求めようとしてしまいますが
妻の方は、自分の分身たる子供がいますので、そちらに愛情が注がれまして
もう種としての役目を終えた夫に対しての愛情は薄れてきます。

男性は妻に認めてもらいたいがために、家で、仕事の功績などを自慢げに話したりしても
妻はもう役目を終えた男には興味が無いということで
妻の夫への関心度が下がり
だんだんと家庭内での男性の地位が下がっていくのだということです。

男女の生理的な違いから、男女のすれ違いが生まれるというお話でしたので
あー、なるほどなーと思いながら、聴いていました。

まぁ、完全には聞いた通りではなく、私の私見も若干混じっていますが(笑

子供ができても、ラブラブなカップルもいますからね
完全にそうだとは言い切れないにしても、多くの家庭はやっぱり生理的なものに
沿って、生活しているんじゃないかなぁと思います。

こーやって考えると、人間って思った以上に、自分の本能というものに
行動を支配されているんじゃないかなぁと思ったりします

中部ハウス



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。