FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/29

大相撲の広告を見て思ったこと

書き出しが毎度のこと、久しぶりの更新で・・・・となるのですが
本当に久々のブログの更新です

先日、新聞を読んでいて、ふと大相撲の広告が目に入りました。
大相撲自体、全く興味が無いので、さっぱり行こうとも思わないのですが
枡席○○○円 とか書いてあるんですけれど
どこを読んでも、開催時間が書いて無いんですね。

どこの催し物でも開催時間は書いてあるんですが、何故か書いてない。
相撲の開催時間は国民全員が知っていると思っているのかなぁ
これだけで、お客様目線が貫かれてないと感じます。

しかも、相撲って開催時間が18時頃終わるはずなんですが
野球などと違ってナイター営業もしないですよね。

もし仮に相撲を見たいと思っていても
普通に仕事をしている人が昼の仕事の時間に(有給でもとらない限り)行けるはずもないのです

観客を増やしたいなら、正直なところ、ナイター営業も視野に入れないと
純粋に見に行ける人がいないと思います。

今はおじいちゃん、おばあちゃんで見ている人がいるんでしょうけれど
私みたいな相撲を見ない世代がどんどんと増えていくことで
どんどんと相撲鑑賞人口が減っていっていると思われます。

八百長がどうとかって相撲業界も揺れていますけれど
問題の本質はそんなところではなくて
国技というよりは、エンターテイメント業界の一部になっている認識に欠けているのではないかと思うのです

力士は相撲協会から給料をもらっているわけではなく
鑑賞しているお客様や広告主さんから給料をもらっているという認識が必要だと思います。

正直、私は相撲のおもしろさはさっぱり分からないですから
友達に誘われても、チケットが無料でも行かないかなぁと思うのです。

相撲が、国技という品格を維持しつつ、テレビ番組ようなエンターテイメント性を追求することが
相撲業界の生き残りに必要なことかなぁと思います。
K-1的なノリでは品格は維持できませんが、ああいう発想でしょうか。

個人的にはテレビ番組でも、映画でも、舞台でも
シナリオがあって、その中に、盛り上がりや落ちがちゃんと用意されているわけですから
多少の八百長というか、エンターテイメント的な八百長は有りかなと思います。
おもしろくなければ、誰も見ないですし。
某M-1グランプリも、最後に笑い飯が優勝したのはやらせではないかとかなんとか・・・・。
まぁ、完全にシナリオが用意されている勝負はおもしろくもなんともないですから
難しいラインですけれど。

とにもかくにも、お客さんがいなければ、どの業界も成り立たないのですから。
相撲を見たい!と思う人を増やすことかなと思います。

うちの会社のお客様は、地元知立の方々ですが
お客様がどんなことを望んでいるかは、どこまで追求してもしたりないですからね
日々、感じ、考えるのみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。