FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/05/07

家造りの際に起こる災いを避ける

愛知県知立市にある住まいのリフォーム会社中部ハウスです。

今日は「家造りの際に起こる災いを避ける」と題して、記事をお届けしてみます。

建築の世界に関わる人で暗黙の了解として、知れ渡っている事柄があります。
家を建てたり、家を大きく直したりすると、家人(多くは家主)が怪我や病気、事故などの災害に見舞われるということ。

これは関連性の無い偶然だという意見も当然あるわけですが
地鎮祭で土地の神様をきちんと敬い、上棟式を行って大工さんにご祝儀を振る舞い厄除けをするような習慣が
災いを避けるための知恵として、自然と受け継がれてきたわけです。

そのような災いは、弊社のようにたくさんのリフォーム工事をしていると、たまーにあるものなのです。
たぶん、どこの建築・リフォーム会社さんでも同様だと思います。
それらの原因は不明なものであり、避けられない事象として、あまり公には扱われないトピックでした。
ここでリフォームをすると、怪我とか病気に見舞われるなんて噂が出ても良くないですしね
私の知っている建築会社の社長さんも、自邸を新築されたのに、結局、入居前に亡くならえてしまいました。

それでも、せっかく幸せになるために、リフォームをされるお客様に、災いが降り注ぐ可能性を少しでも減らせないかなと思い、頭の片隅で考えておりました。

そんな中、風水の1冊の本に、こんな記述がありました。
(風水については、       の記事に、風水とは何かについて、少し書いてみましたので、お時間がある方はどうぞ)

家にも私たちにも目には見えない「気」が存在しているのです。そして、長い時間暮らしていた家の「気」と住人の気は同調しています。そんな家をいきなり壊すことは、自分の身体を壊すようなものです。

と書いてありました。
新築の時にも起こり得るので、解体が全てとは体感上言い難い面もあるのですが
それでも、「家」=「体」という図式で考えれば、「気」が壊れるというのは、そうかもしれないと感じます。
特にリフォームは、住みながら、家を壊すこともあります。

解決策として、半年から1年は仮住まいをしてから壊した方がほんとは良いが、現実的ではありません。
なので、埋炭をすれば大丈夫との解決策が提示してありました。
埋炭をする位置もあるでしょうし、風水師の方に鑑定してもらいながら、対処する必要があると思います。

また、先日のセミナーでお会いした風水師の方に直接お聞きしたところ
仮住まいをしているのであれば、その影響はほとんどないように思う。
住みながらの解体は、それなりに気の乱れなどが起きて、影響があるように思います。
との回答だったので、風水師の方でも、人それぞれ、意見が分かれる部分かとも思います。

しかし、「風水」という「技術知識」に触れることで、今まで打つ手の皆無だった
建築現場に付随する災いを、避けるための一手を手に入れられたことは
リフォーム会社としては、大きな前進だったように感じます。

埋炭などは少し大掛かりになりますので、中部ハウスとしてお奨めなのは
生体融合型光触媒「トリニティZ」を敷地に噴霧する方法です。
トリニティZとは
簡単。楽ちん。誰でもできる。費用も高くないのが特長です。

少しでも幸せになるリフォームに一歩近づいたかなと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。